GRA 公式ブログ

NPO法人GRA ( http://gra-npo.org ) ,オートバイにいつまでも楽しく安全に乗れる環境作りと人材育成を目標にしている NPO法人:GRAのブログです

『 整備・セッティング セミナー 』 開催リポート ( 2019年 11月 8日 )

 

    はい、今日のセミナーも、無事に終了して、先ほど、帰宅しました。
    始める前は、途中、セミナーで交わされている内容を、ホワイトボードの画像をアップするなどして、
    報告するつもりではいたのですが ・・・・
    このセミナーって、意外に 心が熱くなるもので、会場の貸出時間のリミット、21時30分 ギリギリ
    まで話が尽きません。
    申し訳ありません、次回、再度トライします。



セミナーって? 』

既にご存知の方もいらっしゃると思いますが、セミナーといっても、事前に用意した原稿や材料を元にする講義とは全く違う方式で進めているのが、一番の大きな特徴だと思っています。

では、どんな題材や話題でセミナーが行なわれるかと言えば、事前には決めず、来場した人の質問や疑問に応える方式で始まります。
質問があったとしても、よくある学校の先生の様に、「それはこうで、こうなっているから、こうです」という話は基本的にしません。
質問した人が何故そんな質問をしているのか、どこまでは理解していてどこから分からないのかを確認して、その人の理解の速度に合わせて一緒になって考える方式です。
    
一緒になって考えるというのは 難しい方法で、相手の目線や理解の目線と一緒になって課題を考え直し、半歩先 ステップ を指さして、ここはどうだろう? と問い掛けながら、その周辺の話題も一緒に盛り付けて、理解度を深めて、また同じ様な道を辿って理解できる様に努めているからです。



セミナーの楽しさの理由 』

上から目線でモノゴトを伝える(言うのは)のは簡単で、相手の目線の中で進めるのは、自分自身の理解や説明能力が十分以上に無いと無理で、その為 時々、何年も行なって、十分に理解している事柄でも、一瞬、登るのが難しい険しい山の様に見える事もあります。

ただ、そういう過程を辿るからこそ、モノゴトの理解が深まり、それを活かして Webサイトページ作りが出来て、セミナーに参加できない方々と一緒になって オートバイを考える 基本的なスタイルを鍛える事に繋がっていると、いつもながら 強く感じています。

今回の 質問から発展していった話題の例を挙げると、【 キャスターアクションとは 】 【 キャスター角 25~30度の違いの中で、大きな特性の違いが出る理由 】 【 キャスター角の違いから何故 操縦性の違いが生まれるか 】 【 フロントの車高 1mm の違いで、何故 大きな違いうが生まれるかを、とキャスターアクション、トレールとの関係から考えてみる 】【 パラ陸上用の車イスの キャスター角とステアリングダンパー 】【 最適なダンパー設定とドアダンパーの密接な関連性 】など等でした。

来場した人は 決して エンジニアでも 物理学の専門家ではありません。 普通のオートバイ好きなライダーで、もっと好きでいたいと考えている人達です。
そんな人達と、一緒になって、オートバイに関する話題を、アチコチと寄り道しながら、話をしていると、時間が一気に過ぎてしまうのです。

それが、このセミナーの楽しさです。
以上、簡単ですが 報告とします。


                                  セミナー担当講師    小林 裕之

f:id:youkaidaimaou:20191111214507j:plain