GRA 公式ブログ

NPO法人GRA ( https://gra-npo.org ),オートバイにいつまでも楽しく安全に乗れる環境作りと    人材育成を目標にしている NPO法人:GRAのブログです

新型コロナウイルス、国別・人口あたり新規感染者数(10月20日現在) / COVID-19 cases per population by country, as of October 20

    
世界各国の感染状況は、人口あたりの新規感染者数【感染密度】で比較しなければ、その被害の深刻さの判断は出来ません。この一覧表は、各国の【感染密度】(人口1億人あたり日別・新規感染者数)で、深刻度が高くなっている程に欄を濃い色で塗り分けています。


『 世界の国別・日別、感染密度推移一覧表 』
New infection case per popuration by country and day

f:id:youkaidaimaou:20211021211914j:plain

f:id:youkaidaimaou:20211021211925j:plain

f:id:youkaidaimaou:20211021211937j:plain

f:id:youkaidaimaou:20211021211953j:plain

f:id:youkaidaimaou:20211021212004j:plain

f:id:youkaidaimaou:20211021212017j:plain

f:id:youkaidaimaou:20211021212030j:plain

f:id:youkaidaimaou:20211021212128j:plain


世界全体での新規感染者数のグラフを見る限り、順調に感染者数は減少へと向かっていますが、その状況は地域によって異なり、逆に深刻な領域まで増加している国や地域が目立ちます。
   
先ず感染増加が報道されているのが英国です。英国はワクチン接種を積極的に進め、2回接種率も高く、追加の接種も医療従事者から始まっており、死亡率の低下と試験的なワクチン接種者等を対象にしたイベント開催期間を経て、規制はほぼ解除されてはいますが、新規感染者数だけを見れば 一日あたり5万人近くの感染者が報告されており、過去最高を記録して 1月の 6万人/日に近づいています。しかし、新たにロックダウンなどの処置を直ぐに行なわない様子です。
   
しかし、欧州で増加している国は英国だけではありません。隣国のアイルランドや海を超えてオランダやベルギー、オーストリア、そして抑制に成功していたドイツさえも増えており、ドイツの状況を日本に例えると、一日で 24,000人を超える程になっています。そしてドイツ以上に深刻な国は バルト海三国で、エストニアラトビアリトアニアの【感染密度】は世界最悪レベルになっています。同様に、深刻な状況の国が多い地域は、バルカン半島諸国など東欧諸国です。
バルカン半島諸国で深刻な国は ジョージアの【感染密度】は世界最悪レベルまで増加し、感染者数の報告数が抑え気味なロシアでさえ増加を続けてドイツ並みの【感染密度】になり、ベラルーシモルドバモンテネグロスロベニアなど 地中海からロシアにかけて増加を続けており、その【感染密度】も英国並みに高くなっています。

世界的に感染拡大が目立つ地域と言えばカリブ海諸国です。キューバこそ徐々に感染が抑制されつつありますが、バルバドスは感染拡大が続いて世界最悪レベルの【感染密度】なるなど、カリブ海諸国は未だに感染の影響が色濃い地域です。
また、アジア地域では、シンガポールの感染が拡大しており、隣国のマレーシアの感染が抑制されつつあるだけに余計に目立つ状況です。
   
そして、オーストラリアとニュージニアは、共に一時は強力なロックダウンを行なって感染抑制を成功させていましたが、ワクチン接種が進むと共に英国と同様にロックダウンを解除して、その結果、英国と同様に感染が拡大を始めて、他国と較べると【感染密度】は深刻ではありませんが、両国共に過去最多の新規感染者数を数えるまでになっています。


なお、情報出典元の OCHA とは「国際連合人道問題調査事務所」の事です

Source:#OCHA  ( https://www.unocha.org/
#COVID19


クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
ページ中の画像は クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 改変禁止 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています
文章等は許可無く転載することを禁じます / Copyright GRA All Rights Reserved.

 

f:id:youkaidaimaou:20210122003048j:plain

f:id:youkaidaimaou:20210122003127j:plain



https://gra-npo.org











世界の新型コロナウイルス禍、国別・日別 新規感染者数一覧(10月20日現在)/ COVID-19 new cases by country and day, As of Ocrtober 20

『 7日平均、新型コロナウイルス、全世界の新規感染者数 』

世界全体での新規感染者数のグラフを見る限り、順調に感染者数は減少へと向かっていますが、その状況は地域によって異なり、逆に深刻な領域まで増加している国や地域が目立ちます。

f:id:youkaidaimaou:20211021204613j:plain


先ず感染増加が報道されているのが英国です。英国はワクチン接種を積極的に進め、2回接種率も高く、追加の接種も医療従事者から始まっており、死亡率の低下と試験的なワクチン接種者等を対象にしたイベント開催期間を経て、規制はほぼ解除されてはいますが、新規感染者数だけを見れば 一日あたり5万人近くの感染者が報告されており、過去最高を記録して 1月の 6万人/日に近づいています。しかし、新たにロックダウンなどの処置を直ぐに行なわない様子です。

  
しかし、欧州で増加している国は英国だけではありません。隣国のアイルランドや海を超えてオランダやベルギー、オーストリア、そして抑制に成功していたドイツさえも増えており、ドイツの状況を日本に例えると、一日で 24,000人を超える程になっています。そしてドイツ以上に深刻な国は バルト海三国で、エストニアラトビアリトアニアの【感染密度】は世界最悪レベルになっています。同様に、深刻な状況の国が多い地域は、バルカン半島諸国など東欧諸国です。
バルカン半島諸国で深刻な国は ジョージアの【感染密度】は世界最悪レベルまで増加し、感染者数の報告数が抑え気味なロシアでさえ増加を続けてドイツ並みの【感染密度】になり、ベラルーシモルドバモンテネグロスロベニアなど 地中海からロシアにかけて増加を続けており、その【感染密度】も英国並みに高くなっています。
    
世界的に感染拡大が目立つ地域と言えばカリブ海諸国です。キューバこそ徐々に感染が抑制されつつありますが、バルバドスは感染拡大が続いて世界最悪レベルの【感染密度】なるなど、カリブ海諸国は未だに感染の影響が色濃い地域です。
また、アジア地域では、シンガポールの感染が拡大しており、隣国のマレーシアの感染が抑制されつつあるだけに余計に目立つ状況です。
  
そして、オーストラリアとニュージニアは、共に一時は強力なロックダウンを行なって感染抑制を成功させていましたが、ワクチン接種が進むと共に英国と同様にロックダウンを解除して、その結果、英国と同様に感染が拡大を始めて、他国と較べると【感染密度】は深刻ではありませんが、両国共に過去最多の新規感染者数を数えるまでになっています。

なお、グラフで世界全体での新規感染者数が増えているのは実状を反映したものではありません。二週間前にフランスが誤って感染者数を 10万人単位で多く報告して、翌週にそれをマイナス報告した結果、あたかも前週の集計が増えた様に見えるだけで、世界全体として抑制へと向かっている事に変わりありません。


『 世界の国別・日別、新規感染者数 』

New infection case transition table by country and day

f:id:youkaidaimaou:20211021204730j:plain

f:id:youkaidaimaou:20211021204740j:plain

f:id:youkaidaimaou:20211021204749j:plain

f:id:youkaidaimaou:20211021204756j:plain

f:id:youkaidaimaou:20211021204804j:plain

f:id:youkaidaimaou:20211021204813j:plain

f:id:youkaidaimaou:20211021204822j:plain

f:id:youkaidaimaou:20211021204838j:plain


なお、情報出典元の OCHA とは「国際連合人道問題調査事務所」の事です

Source:#OCHA  ( https://www.unocha.org/
#COVID19



クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
ページ中の画像は クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 改変禁止 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています
文章等は許可無く転載することを禁じます / Copyright GRA All Rights Reserved.

 

f:id:youkaidaimaou:20210122003048j:plain

f:id:youkaidaimaou:20210122003127j:plain



https://gra-npo.org











動画『 基本練習・BASIC PRACTICE 』を製作しました


ブログに「 旋回(ターン)の楽しさ、知らない人へ 」という題目のコラムを掲載して、スキーやスノーボード、サーフィンなどと較べると、オートバイ(ライダー)は持っている旋回の能力を引き出されていない事を書き、バンクをさせてリアブレーキを引きずるように使った旋回では、オートバイが持っている能力を適切に使えない事を伝えました。

f:id:youkaidaimaou:20211017185351j:plain
f:id:youkaidaimaou:20211017185404j:plain


すると、多くの方が興味を示して下さり、中には記事の内容に賛同して下さった方もありましたので、ブログの記事を 『 旋回の “神髄”  身につけよう 』 と題名を改めて GRAの公式Webサイトに正式に掲載して、要望に応えて 動画 も掲載する予定で進めてきました。
  

f:id:youkaidaimaou:20211017185326j:plain




『 オートバイライディングの “ 基本練習 ” 』

ただ、撮影専用のイベントを開催する機会が無く、以前に開催したイベントで撮影された動画の中から、今回の記事に適した動画を採用して、動画の中で解説コメントなどを加える過程を経て、ようやく完成に至ったのです。

専用に撮影した映像ではない為、多少、欲しいカットに欠ける面も否めませんが、『 旋回の “神髄”  身につけよう 』の記事を見た方には充分に伝わる内容だと思います。


 


『 基本の “き”  』

よく似た意図で製作したライディング講座用動画『 オートバイライディング・基本の “き” 』シリーズでも、第3編 と 第4編 の製作企画を進めており、こちらでは より多くの方に理解して参考にしてもらえると信じています。
どうぞ、『 基本の “き” 』シリーズにもご期待ください。


f:id:youkaidaimaou:20211017185640j:plain

 


クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
ページ中の画像は クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 改変禁止 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています
文章等は許可無く転載することを禁じます / Copyright GRA All Rights Reserved.

 

f:id:youkaidaimaou:20210125191527j:plain
https://gra-npo.org









新型コロナウイルス、都道府県別、週間対比・感染被害一覧表 ( 10月15日現在 )

    
この一覧表は、各都道府県別に、前週と比較して新規感染者が増えた増加率や、人口あたりの新規感染者や治療中患者数の増加率、人口あたりの死亡者数の増加率など数値で表し、感染被害の深刻度を他の都道府県と比較して理解する助けになります。
さらに 被害と影響が悪い箇所は黄色で欄を塗り、良い結果を出している箇所は薄いピンク色で欄を塗って識別しているので、各都道府県別の医療体制などを勘案すれば、医療機関などが直面している状況や、住民の人々が感じている恐れの度合いも推定する事が出来ます。



都道府県別、感染被害一覧 』

全国的には感染被害はほぼ収まっていると言えますが、「東京都」と「沖縄県」は明らかに突出して感染被害を受け続けている事がはっきり見えてきています。【 感染密度 】を確認する限り、危険な状況は既に脱して、どの都道府県もほぼ収束しつつあるのは間違いありません。

 

f:id:youkaidaimaou:20211016224223j:plain


しかし、都道府県別に、人口あたりの死亡した人の人数を見ると、「東京都」と「沖縄県」では明らかに過酷な状況が続いている事が確認できます。特に、人口が全国一の東京都が人口あたりの死亡者率で全国で2番目を数週間に亘り続けている事が深刻です。


f:id:youkaidaimaou:20211016224318j:plain


本来ならば 政府直轄ともいえる地の利があり、医療機関の水準も高く、医療従事者数も多い筈の地域が 人口あたりの死亡者率で トップレベルを続けている事は異常と言え、せめてメディアはこの事実と原因の究明報道を行なうべきでしょう。
五輪開催などの行政負荷の高まりから自宅療養者数の増加を生み、直接医療を受けられなかった人達への影響が表われているのか、或いは、構造的に “感染症” に弱い都市システムによる結果なのか、検証は必要でしょう。



都道府県別、治療中患者数、重症者数、死亡者数 』

f:id:youkaidaimaou:20211016224334j:plain

出典 : 厚生労働省

#COVID19
#デルタ株


クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
ページ中の画像は クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 改変禁止 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています
文章等は許可無く転載することを禁じます / Copyright GRA All Rights Reserved.

 

f:id:youkaidaimaou:20210122003048j:plain

f:id:youkaidaimaou:20210122003127j:plain



https://gra-npo.org












全日本 新型コロナウイルス 治療中および重症患者数など、一週間毎の増加数動向 (10月15日現在)

 
『 直近一週間で、重症者数は 166人減り、175人が死亡 』

新規感染者数や治療中の方の人数を見れば、確かにほぼ収束しつつあると言えます。  8月末には 一週間で 16万人近い新規感染者が報告されていた事と較べると、直近一週間では 4千人余りと 1/40 になった訳ですから、そう思われて仕方無いでしょう。
しかし、16万人近い新規感染者数が報告されていた一週間に亡くなった人は 288人で、4人余りに減ったこの一週間で 175人の人が亡くなっている事実を見逃してはいけないでしょう。

f:id:youkaidaimaou:20211016222847j:plain


確かに、緊急事態宣言続きで観光どころか外出さえ控えていた多くの人々の気持ちからすれば、報道される新規感染者数を見て外食や旅行の再開を心待ちにしていたとしても当然ですが、政府はおろか、メディアさえ も亡くなっている人が少なくなっていない事から目そ背けている様に見え、仮にそうであれば誤った報道姿勢と言えるでしょう。




『 治療中患者数、死亡者数、致死率等 推移一覧 』

10月15日時点で 重症ベッドで治療を受けている人は 335名 で ピーク時の 1/6 程度まで減っています。メディアも「重症者数は 〇〇名減っています」と伝え、状況は良くなっている一方のイメージを与えてます。
直近の一週間で 重症者数は 166人減っていますが、同時に、175人もの人が亡くなっている事実を伝えていないのは誤っています。重症者数が減っている事は亡くなった人が多く含まれている事も伝えるべきです。

f:id:youkaidaimaou:20211016222917j:plain


「外食産業の人達の生活が大変」という話題が先行して、“第5波” の影響で長期間に亘り医療機関や保健所、検査機関が多忙を極めた事を労う事を忘れ、それ以上に重症ベッドを担当する医療従事者の現状に目を向けず、生死の境に居る人達の命の尊厳に無関心な現状はいいものではありません。
    
一週間に亡くなった方の人数を見れば、最多の新規感染者数が報告されていた当時の人数の半分を超える方がこの一週間で亡くなっており、最も多くの人が亡くなった一週間と較べても、その人数の 1/3 もの人が先週亡くなっているのです。
つまり、安易に想像される程に亡くなる人は減っておらず、逆に、緊急事態宣言が解除された世間の中で、重症者ベッドで闘病している人とご家族の方々にとっては、まるで世の中からポツンと取り残されたしまった様に感じられ、病気以上に強い孤独感さえ感じているのではと心配されます。

 

出典 : 厚生労働省

#COVID19
#デルタ株


クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
ページ中の画像は クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 改変禁止 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています
文章等は許可無く転載することを禁じます / Copyright GRA All Rights Reserved.

 

f:id:youkaidaimaou:20210122003048j:plain

f:id:youkaidaimaou:20210122003127j:plain



https://gra-npo.org











新型コロナウイルス、国別・人口あたり新規感染者数(10月13日現在) / COVID-19 cases per population by country, as of October 13

  
世界各国の感染状況は、人口あたりの新規感染者数【感染密度】で比較しなければ、その被害の深刻さの判断は出来ません。この一覧表は、各国の【感染密度】(人口1億人あたり日別・新規感染者数)で、深刻度が高くなっている程に欄を濃い色で塗り分けています。


『 世界の国別・日別、感染密度推移一覧表 』
New infection case per popuration by country and day

f:id:youkaidaimaou:20211014192536j:plain

f:id:youkaidaimaou:20211014192547j:plain

f:id:youkaidaimaou:20211014192557j:plain

f:id:youkaidaimaou:20211014192606j:plain

f:id:youkaidaimaou:20211014192615j:plain

f:id:youkaidaimaou:20211014192624j:plain

f:id:youkaidaimaou:20211014192632j:plain

f:id:youkaidaimaou:20211014192640j:plain


なお、情報出典元の OCHA とは「国際連合人道問題調査事務所」の事です

Source:#OCHA  ( https://www.unocha.org/
#COVID19



クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
ページ中の画像は クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 改変禁止 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています
文章等は許可無く転載することを禁じます / Copyright GRA All Rights Reserved.

 

f:id:youkaidaimaou:20210122003048j:plain

f:id:youkaidaimaou:20210122003127j:plain



https://gra-npo.org












世界の新型コロナウイルス禍、国別・日別 新規感染者数一覧(10月13日現在)/ COVID-19 new cases by country and day, As of Ocrtober 13

   
『 7日平均、新型コロナウイルス、全世界の新規感染者数 』

先週は、フランスが大幅に誤った新規感染者数をした為か、世界全体での新規感染者数グラフも跳ね上がりましたが、今週は、フランスが新規感染者数の大幅な修正{マイナス報告}をした為に、世界全体での新規感染者数グラフも穏やかに減少へ転じています。 
しかし、このグラフを新規感染者数が収束へ向かっている日本国内で見る多くの人が感じる安心感は、他の諸国では感じられない人々も多く居る事を忘れてはいけません。

f:id:youkaidaimaou:20211014191246j:plain


その安心感を感じていない諸国は、地域や政策などによって大きく二つのグループに分かれています。
    
一つは、英国や米国、ドイツなどの様に、ワクチン接種率が 50%を超えた事を目途に、厳しい行動制限を解除して、日常生活の不満解消と日常の経済活動を復旧させる政策を採っている国々で、それらの国々の[感染密度]は日本を大きく上回っているだけでなく、徐々に感染者数が増えているのです。 一時の高い致死率を脱している事が新規感染者数を深刻に捉えない事に繋がっている様に見受けられます。数か月以上に亘り英国を上回る【 感染密度 】が現在も続きながら、日本と同等のワクチン接種率になった事を機に海外からの観光客受け入れを発表したマレーシアもこのグループに入るでしょう。
  
カリブ海諸国のグレナダセントビンセント・グレナディーン、バルバドスなどの諸国も50%に満たないワクチン接種率ながら、世界で最も深刻な【 感染密度 】を記録し続けており、経済的に観光業に依存している為に世界で最も深刻な【 感染密度 】を記録し続けたインド洋のセーシェルと同様な現象を続けています。つまり、第一のグループとの違いは、ワクチン接種を始めとする医療体制が大きく異なっている事です。経済問題を解決して、国民の日常生活の回復を狙った政策は同じでも、ワクチンを含めた医療体制の違いによって健康と生活の危機に面している多くの人々が居る事と、その数が増え続けている事から目を離してはいけません。



『 世界の国別・日別、新規感染者数 』

New infection case transition table by country and day

f:id:youkaidaimaou:20211014191353j:plain

f:id:youkaidaimaou:20211014191404j:plain

f:id:youkaidaimaou:20211014191413j:plain

f:id:youkaidaimaou:20211014191420j:plain

f:id:youkaidaimaou:20211014191430j:plain

f:id:youkaidaimaou:20211014191443j:plain

f:id:youkaidaimaou:20211014191458j:plain

f:id:youkaidaimaou:20211014191504j:plain


なお、情報出典元の OCHA とは「国際連合人道問題調査事務所」の事です
 

Source:#OCHA  ( https://www.unocha.org/
#COVID19



クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
ページ中の画像は クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 改変禁止 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています
文章等は許可無く転載することを禁じます / Copyright GRA All Rights Reserved.

 

f:id:youkaidaimaou:20210122003048j:plain

f:id:youkaidaimaou:20210122003127j:plain



https://gra-npo.org