GRA 公式ブログ

オートバイにいつまでも楽しく安全に乗れる環境作りと人材育成を目標にしている NPO法人:GRAのブログです ( 公式Webサイト : http://gra-npo.org )

お客様 ? 神様 ?

以下、私達・NPO法人GRAが主催する各種イベントにおけるポリシーを説明する文章です。
他の開催団体が主催するイベントとは開催ポリシーが異なる特徴がありますので、参加の際には留意願います。

 
 
『 お客様は、神様? 』

よく使われる言葉で「 お客様は神様です 」という言葉があります。
以前、国民的人気を誇った男性歌手がステージ上で発してから更に有名になった言葉ですが、日本では生活の様々なところに深く浸透しています。

モノを販売する販売業からサービス業に携わる人は当然の事、芸能から芸術、文学に至るまで、お金を払う人を “神様” と崇め、人気を得るために “神様” の歓心を媚び、その声に耳を傾けようとする一面があります。
  

f:id:youkaidaimaou:20180923012406j:plain

 
一方、おものてなしの国と言われる国でさえ、この “風習” は決して良い事ばかりではない事は明らかです。
   
対価を支払いさえすれば、何かにつけて「お客さまを何だと思っている!」という言葉を振りかざし、言葉や行動で威圧するのが日常茶飯事になっているのを目にします。
店員への暴言や乗務員への暴力行為、学校へのモンスター行為だけを指しているのではありません。 言動に出ないまでも、この国では大半の人の心に染みついている意識であり言葉なのです。
  
では、私達・GRAでは 参加者を “神様” として扱うのか? 単刀直入に答えれば、誰であっても “神様” 扱いはしませんし、“仏様” 扱いもしません。
それは、イベント参加費を支払う参加者はもちろん事、参加常連者であっても、運営統括責任者であっても特別扱いはありません。

f:id:youkaidaimaou:20180923012531j:plain


ただ、私達は、一人ひとりの考えや意見を公平に尊重すると同時に、全員に対してイベント運営趣旨への理解と尊重を求め、一緒に参加責任と運営責任を担う事を求めています。
これは、1991年に GRA発足以降、基本的に変わらぬポリシーです。

  

 
『 お客様扱いは、しません 』

“お客様”とは、料金や何かしらの対価を支払えば、それに見合うだけの物品やサービスを享受するのが当然と考え、それを疑おうとしない人達の事です。
しかし、不相応な “お客様” 意識を誇示する場合には、少なくとも相手側が営利行為をしているかどうかを見極めるべきです。
 

f:id:youkaidaimaou:20180923012618j:plain

 
私達・NPO法人GRAは、NPO特定非営利活動法人)の名称の通り、収益活動を目的にした営利団体ではありません。
それはNPO法人になる以前から、1991年発足以降、代表や理事、社員全員が無給で運営業務を担当しており、それは内閣府等へ報告して公式Webサイトで公開している通りです。
 

f:id:youkaidaimaou:20180923012645j:plain


つまり、GRAが主催するイベントに参加した際、一般的な「 いらっしゃいませ! 」という挨拶はしませんし、参加費を支払う際にも「 ありがとうございます 」の言葉は一切ありません。
ここまでの説明で、多くの人は次の様に思うかも知れません。

「 “お客様扱い” をしないのは分かったけど、しても問題ないのでは? 」
「 そんな事では参加者が増えないのでは? 」と。

そんな疑問を感じる人はきっと少なくないでしょう。

 


『 なぜ、お客様無用なのか ?』

一般的な講習会などイベントでは、全員が一緒に同じ事を習う学校と同じで、受講者毎に不足気味な科目への対応は無く、その講習内容は運転操作の反復練習・丸暗記学習に偏り、まるで小学生への対応と同じです。
もちろん、殆どの人は一般的なその方式で満足しているかも知れませんが、私達の目標は「小学校方式」では達成する事が出来ないと考えています。
 

f:id:youkaidaimaou:20180923012731j:plain


GRAの活動目標は【 いつまでも楽しく安全にオートバイに乗り続けられる環境を、ライダー自らが生み出すのを促し、その意識と行動を備えた人を全国各地で増やす 】という内容です。
   
つまり、単にライディング技術の上達に熱心な “お客様” や “生徒” を求めているのではなく、総合的な世界観と行動力を伴った大人を求めていると言えるでしょう。
オートバイを末永く楽しむための知識や技術、社会での課題などを共有し合い、積極的にそれらの共有を広める可能性のある大人、つまり “ 仲間 ” や “ 同志 ” を求めているのです。
  
その目的の為に、“お客様扱い” はしませんし、その趣旨に関心や理解が進められる人だけに参加を呼び掛けているのです。

 

f:id:youkaidaimaou:20180923012826j:plain


追加説明:『 特別な GRAイベント 』

これらを実現させる為に、先ずGRAでは、開催イベントに次の 4つの特徴を設けています。
  1. 少人数制での開催   ・・  より適確な対応と育成のため
  2. 自在なカリキュラム対応 ・・ 参加者の要望・意見に合わせて、
      多様で高度なカリキュラムでの対応
  3. 参加しやすい環境作り  ・・  低額の参加費と当日受付制の採用など
  4. 見学&聴講フリー制採用

GRAでは、お客様扱いをせずイベントの開催目的の理解を求めますが、一般的な講習イベントでは決して得られない、多くの知識やカリキュラムの提供の用意があります。

〇 オートバイの基本的な構造とその特性から導き出される最適なライディングの講習
〇 求めるライディング技術とレベルに応じた走行練習コースの設定
〇 構成する部品の役割と適切な整備方法の講習
〇 そしてライダー毎にオートバイを調律するセッティング理論と実技講習
   
ただし、これらの事柄は参加者の積極的な要望があってから個々にその場で応じるもので、何度も言いますが、開催趣旨を理解しようとしない “お客様” や、受け身参加の “生徒” な人には適したイベントとは言えませんし、そういう方々の参加は私達は望んでおりません。
    

f:id:youkaidaimaou:20180923012916j:plain

【 当日受付制 】 の案内です

GRAでは、開催しているイベントに、誰でも気軽に参加してもらえるように、
【 当日受付制 】を採用しています。

この【 当日受付制 】とは、事前に参加予約をしていな方でも、イベント当日に
指定時間に集合して参加意思を表明するだけで参加受付を行なうシステムです。

このシステムは従来も採用していましたが、もっと気軽に参加や見学ができる様に、
一部の条件を緩和していますので、どうぞ 気軽に参加を検討ください。

詳しくは、下記 URL の説明ページで確認願います。
 

「当日受付制について」( GRA公式Webサイトページより )
http://gra-npo.org/schedule/apply/toujitu_apply.html

 

『 練習会 』 参加の ススメ

【 オートバイには練習が必要です 】

オートバイを正しく安全に運転するには、正しい練習をする必要があります。
正しい練習をしてこそ、オートバイの特性を正しく理解でき、技術や知識が身にくのです。
別の言い方をすれば、自動運転化が容易な車とは異なり、ライダーの操作に大きく依存するオートバイだからこそ、正しい練習をする必要があります。
つまり、自身と他の人々への危険を減らすために、練習するのはライダーの責任と言えます。

f:id:youkaidaimaou:20180918165834j:plain

 

【 練習は、どこでする? 】

では、オートバイの練習はどこですれば良いでしょうか。
普段走る一般道ですれば良いでしょうか?  いや、それは間違っています。
野球選手や陸上ランナーが雑踏の中で練習しない様に、加害性が更に大きなオートバイですから、一般道で練習行為はやってはいけないのです。
野球選手などと同じように、専用に開設された施設を利用するか、トレーニング用に開催されているイベントに参加するのがお勧めです。 

f:id:youkaidaimaou:20180918165902j:plain



【 練習イベントは 】

オートバイの練習に適したイベントは、開催数に違いはありますが、全国各地で広く行われています。
安全運転の普及促進を目指した全国的な団体が開催しているイベントや、オートバイメーカーやタイヤメーカーなどが主催しているイベント。
または、個人が主催しているイベントまで色々ありますので、開催場所や参加費、参加条件などを確認の上で参加する事をお勧めします。
きっと、それまでに体験した事のないオートバイの動き・特性、そして自身の能力が体験できる良い機会になるでしょう。f:id:youkaidaimaou:20180918165947j:plain



【 GRAの自由練習会、その特長は 】

NPO法人GRAが開催している 『 自由練習会 』は、練習の機会を一番有効に使いたい人に最適なイベントです。
一般的な練習イベントは、一つのクラスが 10名から20名程のスクール形式で行なわれる為、練習用コースは他の参加者と同じしか選べず、走行しない待ち時間は参加人数分だけ結構な長さになりますが、『自由練習会』はそれらの弊害が全くありません。
『自由練習会』は、個人毎に占有エリアを使用する “個人練習” 形式のため、自分自身が苦手だと感じている練習を選んで思う存分に出来るのが特徴です。

f:id:youkaidaimaou:20180918170152j:plain

f:id:youkaidaimaou:20180918170216j:plain

f:id:youkaidaimaou:20180918170304j:plain

また、希望すればライディングのアドバイスはもちろん、車両の整備やセッティングについてもアドバイスが受けられるので、目的次第では一番濃密にオートバイを学べるイベントになります。

f:id:youkaidaimaou:20180918170334j:plain

f:id:youkaidaimaou:20180918170348j:plain



【 良い練習とは 】

良い練習とは、目的をはっきり持ち、基本的な技術や知識を確実に習得し、その後で応用へと進む練習です。
しかし残念な事に、多くの練習イベントで見受けられるのは、参加する事が目的の参加者だったり、基本の習得を省いて8の字やスラロームなどの応用練習だけのカリキュラムのイベントです。
全く練習をしない場合(人)に較べれば、それはそれで意義のある参加目的ですし、そういう参加者には適したカリキュラムと言えますが、『自由練習会』は参加者一人ひとりの参加目的や技術レベル、体格や車両、体力に合わせた良い練習ができます。

f:id:youkaidaimaou:20180918170420j:plain

f:id:youkaidaimaou:20180918170445j:plain


このように、『自由練習会』は、オートバイを単なる娯楽レベルで乗るのではなく、オートバイを「人生の友」としてきちんと接したい人や、基本技術や基本知識から応用まで一つひとつ学びたい人に最適のイベントと言えます。

f:id:youkaidaimaou:20180918170520j:plain

f:id:youkaidaimaou:20180918170534j:plain

f:id:youkaidaimaou:20180918170551j:plain


【 あとがき 】

オートバイは、野球やランニングに必要な機材と較べるまでもなく、はるかに高価な機材であり乗り物です。
その上、ギターやピアノなどを演奏する場合以上に、整備すべき箇所やライダーに合わせて調整すべき箇所が多く、それらは全て正しく安全な運転に必要です。
スポーツや楽器演奏が下手であっても社会的に問題はありませんが、オートバイの場合は責任の大きさが全く違います。
どうぞ、機会を見つけて練習をされる事を強く勧めます。

f:id:youkaidaimaou:20180918170628j:plain

f:id:youkaidaimaou:20180918170700j:plain


【 自由練習会の説明サイト 】
http://gra-npo.org/schedule/free-prac/free-prac_top.html

【 開催イベントの予定表 】
http://gra-npo.org/schedule/schedule/kinjitu/kinjitu.html


f:id:youkaidaimaou:20180918170727j:plain

Web ・ 井戸端会議、始まる !

以前、案内していた通り、“Google ハングアウト” というシステムを利用して、全国各地の複数の仲間と会議・『 井戸端会議 』をしたので、その様子とシステムを利用した感想を報告します。

Google ハングアウト” は Google社が提供しているシステムで、PCやスマホがあれば Web(クラウド)を介して、最大10人までが同時に無料で会話ができるという事は事前に分かっていました。
でも、実際に利用してみなければ、使い易さや安定性、汎用性や活用の展開性は分からないので、9月13日(木)午後 6時半開始予定で、メンバーに参加を呼び掛けたのです。 

f:id:youkaidaimaou:20180915145759j:plain


その結果は、最初は招待状の届け方や会議への参加の仕方で戸惑う事もありましたが、とても可能性の高い良いシステムだと理解できたのです。
 
井戸端会議 』に参加してくれたメンバーは 東京と静岡、大阪、兵庫の合計 5名、お互いに会った事が無いメンバー同士も居たのに、誰が話しているかが分かりやすく、全員が同時に話しても音声はクリアに届くなど、リラックスして話せたのです。
しかも、全員が時刻を合わせて一緒に始める必要はなくて、各自のスケジュールに合わせて入室や退室、そして再入室が簡単にできるのです。
  
その上、Google社の他のシステムを併用すれば全員へ資料や図を届けられるので、同じ資料や図を見ながら意見を交わしたり、その場でその資料を他の参加者が編集する事や編集結果を全員で確認できるなど、会議に最適な環境が整いそうなのです。

       *     *     *     *     *     *

以上、会話システム・“Google ハングアウト” は可能性が見えてきたし、メンバー同士の会話に楽しさを感じたので、次回・9月20日(木)にも改めて『井戸端会議』を開くことになりました。
次回は、参加した全員で資料や図の確認や相互編集も試してみる予定です。

                 *    *    *    *    *    *

〇 この『井戸端会議』に参加したい方は、ぜひ、下記メールアドレス(GRA事務局)宛にご連絡下さい。
  【   office@gra-npo.org   】

〇 いずれ、“ ライディングの基本 ” や “ セッティング講座 ” などを、Web・会話システムを使って開催したいと考えていますので、その際も是非、参加を検討ください。
 

Google システム導入で、全国の方へつなげたい !

( 「GRAの企画ノートです」より転載 )
 

現在、Google の各種システムを利用して、GRA活動を前進させる事を企てています。

ご存知の方も多いと思いますが、Google社は各種のシステムを無料で公開していますが、その中で「Google ハングアウト」というシステムを利用すると、今の GRA活動にとって大きな恩恵がありそうなのです。

f:id:youkaidaimaou:20180902221450j:plain


この「Google ハングアウト」は、無料でビデオ(映像)会話や通話、メッセージ交換を PCやスマホタブレット端末で簡単にできるシステムです。
このシステムを使えば、全国各地の仲間同士で定期的なミーティングが簡単にできるので、的確な活動を実現させやすくなるのです。

それと同時に、この「Google ハングアウト」に注目している理由は、Google の持つ発展性の高さです。
例えば、月一回、大阪市内で行なっている 『GRAの “話すオートバイ講座”』を全国の希望者を集めて行なう事が可能なのです。
その上、Googleライブストリーミング機能を組み合わせれば、参加者の質問や要望に合わせて、ライディングや整備、セッティングなどの講座がホワイトボードなどを利用して行なえる可能性が高いのです。
 
Webサイトのページ上で解説や情報発信をするのも大切ですが、会話や動画を交えた対話形式で進める方向性を検討中ですから、どうぞ 期待して参加も検討ください。
 
   *     *    *    *

[ Google ハングアウト ] Wikipedia 解説 
[ Google ハングアウト ](Google社サイト)


 

『 ある参加者・B 』 ZAKT計画 (2)

【 Bさんから、参加申込みに関して 】
  
NPO法人 GRA 小林様
  お世話になっております。
 
  その後ツナギを着るべく奮闘しておりましたところ、ファスナーの歯が飛ん
  でしまい同じくファスナーの壊れたブーツと革が硬化し切れたグローブに
  続いてツナギも使用不可となってしまいました。
 
  従いまして〇月〇日も含めそれ以降に使用できる装備品が何も用意出来なく
  なってしまいました。
 
  しかし、これはこれで日ごろ、お世話になっている 御礼の好機と考え
  カメラ係や、その他なんでも係で要り様があるのであればお声を頂けまし
  たら、当日現地へ伺わせて頂こうと考えておりますが如何でしょうか?
 
  ご検討よろしくお願いします。                 B    」
 
         *     *    *    *    *    *    * 

【 事務局からの返信 】
   
「こんばんは  B さん 。NPO法人GRA の 小林 です。
 
  〇月〇日開催『 GRAイベント 』への参加が 装備の関係で出来なくなった
  との連絡を承りました。
  その上で、「 何か手伝いを 」と お気遣いを下さり ありがとうございます。
 
  では、提案ですが、“ 見学参加 ” として、講習を見学して戴く事をお勧め
  します。
  その上で、可能であれば、Bさんの車両 を セッティング教材と利用させて
  戴ければ助かるのですが、如何でしょうか。
 
  講習では セッティングの “ 基本セット ” の出し方を、リアサスペンション
  のイニシャル調整に始まり、前後車高バランスの出し方、そして フロント
  サスペンション のセッティングの進め方まで、基本的な考え方とその原理
  の説明を交えて進めますので、見学参加であっても、必ず参考になる
  考え方は見つかると思います。
  
       *     *     *     *
 
  見学参加をご希望の際には 事前連絡は必要ありません。
  当日朝、8時55分 に お越し戴ければ結構です。
  どうぞ、ご検討下さい。
  
                NPO法人GRA    事務局   小林 裕之  」
  
 

f:id:youkaidaimaou:20180608225603j:plain


【 Bさんからの返信 】
 
NPO法人 GRA  小林様
  お世話になっております。
   
  見学参加と車両の提供の御提案ありがとうございます。
  やっと最近車体の情報と自分の感覚が噛み合いだした感触がある所へ
  更に考え、知る機会を得られると言うのは願っても無い事ですので、
  ぜひお願いできればと思います。
 
  ですので、当日現地へ車両を持参させて頂きます。
  それではよろしくお願いします。

                                                                           B  」

 

 

 

 

『 ある参加者. A 』 ZAKT計画 (2)

2001年開始の [ 第一期・脱皮計画 ]以前から参加していた彼、
2006年開始の [ 第二期・脱皮計画 ]以降、参加が少なくなり、
2010年開始の [ 第三期・脱皮計画 ]以降、全く参加無く、
やがて再び参加が続くようになった頃、

“ 参加申込み期限 ” に遅れた参加申込みに、
不受理の通知をしたところ、非難の返信が届いたのです。

        *      *     *     *     *

【 不受理の通知文面 】

「 NPO法人 GRA の 小林 です。
 
  この度、〇月〇日開催 『 GRAイベント 』への参加申込みに 関して
ですが、受理できない事を連絡致します。
 
 その理由は、申し込み期限を外れている事の他に、NPO法人GRAの活動
 目的や現状への理解が欠けた 無責任な発言が目につくようになっている
 ためです。
 
 どうぞ、次回、参加を検討の際には、NPO法人GRAの活動目標や現状の
 計画などを充分に理解の上で申込みを願います。
  
                                           NPO法人GRA    事務局     小林 裕之 」

 

f:id:youkaidaimaou:20180608212431j:plain


        *      *     *     *     *

【 返信のメール文面 】

「 不受理の件、了解しました。

 残念ながら今年に入ってからの小林さんの言動に違和感を感じることが多く
 私の思う「楽しく安全にバイクに乗り続けていく為の活動」とは違うなと考え、
 また昔のように「僕のGRAだから、僕がこうするって決めたのだから皆もこう
 してくれと」ゆう感じの暴君になられてはいけないと思いました。

 その為に私が違和感を感じたところを私の意見として言っていたのですが、
 言葉の途中で遮られ「これは必要なこと」とまるで小林さんの決めたことを
 正当化して小林さん自身に言い聞かせているように私からは見えたので、
 今回の不受理が「GRAはGRAの私が私の道を行く」いいタイミングなのかも
 しれません。

 ( 中略 )

 リターンライダーとして復帰してからのこの3~4年ありがとうございました。

                                                                                                                 A    」

f:id:youkaidaimaou:20180608212518j:plain
    
    *      *     *     *     *

【 再返信のメール文面 】

「 A さんへ、送付された文章を拝見しました。
 下記の3つの点で誤りがあると判断しました。

 誤りを正し反省をして改めての参加を期待しています。
 

 1. イベントについて

   第3期・脱皮計画の案内で明記している通り、2010年以降はWebサイトでの
   啓発広報活動が活動の主体であり、イベント開催活動は発信活動の一つの材料
   でしかありません。
   逆に、GRAの活動目標に関心を持たない人の参加を受け続ける事は理念に反し
   ますし、参加回数を重ねた1990年代後半の時の様なオートバイで走る楽しみを
   求めて参加する事は誤りです。

   イベント開催は、全国の人々へ“環境”創りを提案する為の試行錯誤を行なう場で
   あるべきだと考えています。

 2. 支えている人々の存在について

    GRAは、イベント開催日以外、日頃から数多くの事務局業務を担当してくれる
    方々に恵まれてきました。
    特に、第3期・脱皮計画を始めてからは、イベント開催休止期間が数年続いた
    にも関わらず、公式Webサイトの構築作業やデータ入力作業等を、日頃イベント
    には参加し難い全国各地の方々が分担してくれたお陰で、他に類を見ない広報
    展開内容の基礎となりました。
   そして最近では、GRAの活動目標や趣旨に対して、SNSなどを通じて、見知らぬ
   方々からのコメントや賛同を得られる様になっており、尽力された方々や賛同
   して下さった期待を裏切らず、掲げている活動目標へ進めるのが事務局の責任
   ですし励みとなっています。

   その事務局活動に一切関わらず、支えてくれている人々の存在を顧みず、
   イベントでの表面的な内容の非難をするのであれば明らかに誤りです。

 

 3. 意見について

   「やりたい事が、やりたい事をする」という趣旨は 第1期・脱皮計画当時から
    伝えている通りです。
    活動目標に沿った内容であり、行なった事による結果に対して適切に責任を
    負うなら、どんな内容の事でもGRAは受け入れるという事の表明です。
    仮に、自身が責任を負いたくない場合や負えない事の提案であれば、責任を
    負う事になる事務局に対して丁寧で適切な説得を粘り強く冷静に行なう責任が
    あるのは当然の事です。
    総会やミーティングの場で質問や意見をせず、自身が責任を負う提案をせず、
    イベント開催時に事務局に対して不平不満レベルの言葉を発し、それを
   「意見」と言うのは明らかな誤りです。

    責任が伴ってこそ「意見」となる事を自覚するべきでしょう。

   
                                                                                 NPO法人GRA 事務局     」